20代・会社員男性が家出、警察捜索事例:同僚の家

MENU

20代・会社員男性が家出、警察捜索事例:同僚の家

会社員の家出状況(20代・男性)


母から、兄と連絡が取れないと言われて家出を知りました。


兄は毎日夕方には会社から帰っているのですが、その日は深夜になっても帰って来なかったそうです。


翌朝私へ母から連絡があり、私が家出を知ったのはこの時でした。


実は数日前、父と兄が仕事の話で口論になっていました。


都心に就職したいという兄に父が反対したのです。


この日を境に兄は不機嫌になり、家でも家族と会話しなくなっていました。


兄の同僚から電話をもらい、家に来ていると言われて見つけることができました。

捜索願いを出した時の警察の対応や家族の行動


兄が家出をするのは初めてのことだったので、万が一にも何かあってはいけないと思い、すぐに警察に捜索願いを出しに行きました。


携帯電話が繋がらないこと、突然行方不明で行き先に心当たりがないことを警察に伝えました。


こと細かく兄の友人関係を聞いてくれ、職場への確認もすぐに行ってくれたので心強かったです。


家出時の状況を詳しく話した時、警察から父との口論が原因ではないのかと言われ、私たち家族がはっとさせられる場面もありました。


父との口論の内容も詳しく聞いてもらえましたし、普段の兄を知らないのに新味に話しを聞いてくれました。


何枚もの書類に私たちの話した内容を書き込み、曖昧な点は掘り下げて質問してくれたので安心したのを覚えています。

その家出の捜索結果


兄の同僚から連絡がくるまで(家出から4日)、兄の勤め先の人に連絡をとったり、何度も兄の携帯に電話したりしていました。


父からの着信だけに出ないのではないかと話し、母の携帯、私の携帯と、端末を変えて何度も連絡したのです。


しかし、電源自体が入っておらず、電話がつながることはありませんでした。電話が繋がらなければ生死もわからないため、家族で途方に暮れた4日間でした。


4日目の午前中、兄の同僚から自宅に電話がかかって来て事情を知りました。


兄は家出したその日から今まで同僚の家に居たこと、今後も父と対立するのであれば帰りたくないと言っていることを知らされたのです。


結果、父とは和解し、兄の夢を家族で応援する方向で終結しました。

 

ニセ探偵の家出調査詐欺に要注意!

警察以外で家出調査を依頼できるとすれば探偵社・興信所くらいしかありません。
そのため、その弱みに付け込む詐欺事例もあるので注意しましょう。


〜詐欺の手口〜

家出調査 詐欺マンガ1




家出調査 詐欺マンガ2

家出調査ができる大手探偵社の比較

全国対応かつ安心の大手探偵事務所(興信所)の比較です。ぜひ参考にしてください。


原一探偵事務所
原一探偵事務所

ISM調査事務所
ISM調査事務所

総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜について、難しい調査では1日20万円くらいかかる場合もあります。
その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。

調査を急ぐべき理由

上記の通り、早い段階で調査を開始することで、探偵事務所の調査成功率を高めることができます。 調査が難しくなる = 調査にかかる日数が多くなる = 調査料金が高くなる という側面もありますので、調査依頼するのであれば、なるべく早く決断した方がよいです。

調査は急ぐべき

費用のこともあるので、実際に調査を依頼するかはまた別として、
見積りまでは無料なので すぐにでも電話相談することをおすすめします



↓↓多少高くても、実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。↓↓

原一探偵事務所の詳細はこちら


※原一探偵社の割引クーポン↓を見逃さないようにご注意ください。

原一割引クーポン