60代・無職・男性が家出:ちょっとした行動の違い

MENU

60代・無職・男性が家出:ちょっとした行動の違い

無職の家出状況(60代・男性)


父が家でした本当の理由も居場所も、今もって不明なままです。父は長年持病のために、働くこともままならない、不自由な暮らしをおくっていました。病気が治る見込みはなく、ゆるゆると朽ちていくような状態ではありましたが、家族には、父なりに日々の楽しみを見つけ、前向きに病気を向き合っているように見えていました。それが父が行方不明になる何日か前の定期検診のエコー検査で、胃に影が見えるので、再検査を勧められたことが原因だったのかもしれません。影が見えるといっても、深刻な状況ではないと、お医者さんは話していたので、家族のみんなも、父に心配することはないと、励ましていました。がしかし、家族が外出している間に、一人姿を消してしまいました。家族全員で探し回りましたが、父は見つかることはなく。紙袋を片手に、駅の方向へと歩いていく父の姿を見たというものが、唯一の目撃情報でした。具合が悪くなって、どこかの病院に運び込まれたのではないか、なにか事件や事故に巻き込まれたのではないか。残された私たち家族は、とにかく心配で、いてもたってもいられない心境で、眠れぬ夜を過ごしました。

捜索願いを出した時の警察の対応や家族の行動


近隣の警察に捜索願を出した時は、事前に警察に電話で問い合わせをしました。もしかしたら、具合の悪くなった父が、どこかの病院に身元不明の状態で収容されているかも知れない、何か情報があるかもしれないと考えたからです。その電話で、警察の方から、各方面への問い合わせがしやすいので、まずは、捜索願を出した方が良いと薦められ、届け出時には、最近の父の写真は必ず持ってくるようにと言われました。届け出の対応をしてくれた方は、大変親切な方でしたが、申し訳なさそうに、「事件性の認められない失踪者の場合、情報提供を呼びかける以外、手がないのが現状です」と言われ、尤もな話だとは思いましたが、同時に非常に落胆したことも事実です。届け出後は、警察の方から、定期的に書面が送られてきて、内容は身元不明のご遺体の確認(写真)をお願いしたいとのことで、どこの誰ともわからない方々の、痛ましい姿を見ることは、大変申し訳ないことですが、苦痛以外の何物でもありませんでした。



その家出の捜索結果


父宛ての年賀状などから、交流のあった方々に片っ端から連絡を取りましたが、その頃の父は、親しかった人たちとの交流をすべて絶っていることが分かっただけでした。


その後、現在に至るまで、父の行方は不明なまま。いつの頃からか、警察からの定期的な連絡も途絶えてしまいました。親戚の勧めもあり、死亡認定が出たところで、何も入っていないお棺を前に葬儀を行いました。

 

ニセ探偵の家出調査詐欺に要注意!

警察以外で家出調査を依頼できるとすれば探偵社・興信所くらいしかありません。
そのため、その弱みに付け込む詐欺事例もあるので注意しましょう。


〜詐欺の手口〜

家出調査 詐欺マンガ1




家出調査 詐欺マンガ2

家出調査ができる大手探偵社の比較

全国対応かつ安心の大手探偵事務所(興信所)の比較です。ぜひ参考にしてください。


原一探偵事務所
原一探偵事務所

行き先のあてがあるHAL探偵社
人探し相談シュミレーターがある「HAL探偵社」


もしくは
探偵社FUJIリサーチ
結婚調査も得意な「探偵社FUJIリサーチ」

総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜について、急ぎの調査では複数チームを組む必要があり、1日あたり20万円かかる場合もあります。
その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータルで安くなるケースもあります。


何より、早期発見=元の生活に戻りやすい、という金額で計れないメリットが大きいのです。

調査を急ぐべき理由

上記の通り、早い段階で調査を開始することで、探偵事務所の調査成功率を高めることができます。 調査が難しくなる = 調査にかかる日数が多くなる = 調査料金が高くなる という側面もありますので、調査依頼するのであれば、なるべく早く決断した方がよいです。

調査は急ぐべき

費用のこともあるので、実際に調査を依頼するかはまた別として、
今後の対応を明確にするためにもすぐに電話相談※することをおすすめします
※相談・見積りまでは無料



↓↓多少高くても、実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。↓↓

原一探偵事務所の詳細はこちら


※原一探偵社の割引クーポン↓を見逃さないようにご注意ください。

原一割引クーポン