MENU

警察に家出捜索願いを出す前に知っておきたいこと

家出をしたら、家出捜索願いを警察に出す…ということが、一般的であると思われている方も多いと思います。

 

しかし、警察に届け出をしたから安心だ…と勘違いされている方も少なくありません。
実は、警察は家出捜索願いが出されたからといって、積極的に家出人を探すということはできません。

 

家出捜索願いが出されると、警察本部でその情報がコンピュータ登録され、全国の警察組織で情報が共有できるようにされます。
そして、警察の巡回や補導、交通指導などの場面で、家出人がたまたま捕まったというときにのみ、捜索願いを出した家族などの元に情報が届くようになっているのです。

 

つまり、家出人が警察と接する機会を得なければ、見つかることはないということになります。
警察が見つけるのは事件・事故に巻き込まれて発覚するパターンが多いようです。

 

人探しの常識

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

探偵事務所への相談もご検討ください。

 

警察に届け出をすることも大切ですが、その前に探偵事務所(興信所)への相談も検討しましょう。

 

探偵事務所は警察とは異なり人探しのプロです。さらに、ターゲットとなる家出人を積極的に探してくれます。
そのため、家出人が見つかる確率もグンと高くなります

 

特に、業界最大手で家出捜索に強い【 原一探偵事務所 】の場合は、1つの調査案件に対して、経験豊富な調査員が複数名でチームを組んで調査を行ってくれるため、短時間で効果的な調査を行うことができます。

 

小さな探偵社に依頼すると、別調査の都合で調査員がすぐに調査着手できないかもしれません。
また、家出先が近所でない可能性も十分あるため、全国展開している探偵事務所でなければ対応できないケースも多いのです。

 

どのタイミングで相談すべき?

家出人の捜索は、少しでも早く行うほうが、見つかる確率が高くなります。

人探しのポイント

家出人の状況遷移(未成年など貯蓄の少ない家出人のモデルケース )

 

以上から、家出捜索を依頼するのであれば、原一探偵事務所のような大手&人探しに強い探偵社なるべく早く相談すべきです。

 

原一探偵事務所の詳細はこちら

おすすめ探偵社はこちら 探偵を装った詐欺事例はこちら

 

※↓の割引クーポンを見逃さないようにご注意ください。

原一割引クーポン

 

未成年の家出に、警察はどれくらい協力してくれるのか

成人した家族の家出も不安ではありますが、それ以上に不安なのが未成年者の家出です。

 

収入源などが無いにも関わらず、何日も家出を続けられるわけもなく、早く見つけてあげなければ援助交際などの犯罪に巻き込まれる可能性も高くなってきてしまいます

 

そのため、未成年者の家出は早急に見つけてあげることが大切なのです。

 

家出をした場合、警察に家出捜索願いを出すということが、一般的に知られていますが、この家出捜索願いはどれくらい効果的なものなのでしょうか。
家出捜索願いが出されると、警察本部にその情報がコンピュータ登録されます。そして、警察が補導などをしたときにその情報を照会し、家族に情報が伝わることになるのです。

 

しかし、前述したように補導されるなど警察の目に留まらないといけませんし、最悪の場合事件や事故の後になって見つかるというパターンにもなりかねません。
また、警察は基本的に人探しはしてくれないので、捜索願を出したからといって、自宅で安心して待っていればいいということにはならないのです。

 

調査を急ぐべき理由

 

家出人を見つけるためには、人探しのプロである探偵に依頼をすることが最も早く確実に見つける方法と言えるでしょう。
探偵に依頼をすれば、わずかな情報や聞き込み調査などによって、ターゲットを探し出してくれます。

 

お金はある程度必要にはなりますが、原一探偵事務所など大手の信頼のあるところであれば、法外な費用を請求されることはありませんし、事前に金額を見積ってくれます。追加費用がない明瞭会計なので安心です。

 

※見積りを安く出して依頼しやすくさせておき、予想外の経費などと理由をつけて、調査後に追加費用請求する悪どい探偵社もあるのでご注意ください。

 

また、原一探偵事務所であれば、根深い問題を抱えている未成年の家出を根本的に解決するための、心のケアやフォローのサポートも行ってくれます。これまで多くの未成年の家出人を見てきた調査員が、お子さんの心のケアまで考えてくれ、家出を繰り返すことを防ぐように努めてくれます。

 

お子さんの家出で悩んでいる方は、一度相談をしてみると良いでしょう。

 

原一探偵事務所の詳細はこちら

※割引クーポンを見逃さないようにご注意ください。

成人の家出に、警察はどれくらい協力してくれるのか

家出をするというと、反抗期や思春期の子どもがすることだという認識がありますが、実は成人した人の家出も少なくありません。
実際、警察には多くの成人者の家出捜索願いが出されているのです。

 

成人の家出は子どもの家出よりも、自立している分、安心感があるので、重く見られないことも多いのが現状です。

 

警察は家出捜索願いを受理してはくれますが、自殺や事件の関与など緊急性が求められない限りは、警察が積極的に捜査をすることはありません。
つまり、成人者の家出は、警察に家出捜索願いを出したところで、あまり意味が無いということになります。

 

ではどうしたらいいのでしょうか。

成人の家出こそ探偵事務所に相談すべきです。

 

警察は罪を犯した人は積極的に探してはくれますが、事件性がない成人の家出人は探してはくれません

 

一方で探偵事務所は、家出をはじめとした失踪人など人探しのプロです
家出をした人を効果的かつ効率的に探してくれるため、費用はかかるものの、確かな効果を得ることができるのです。

 

探偵事務所に依頼するというと、どんなところなのかよくわからないという不安から、依頼することに抵抗があるという方も多いかもしれません。そんな方は、原一探偵事務所など大手かつ人探しを得意とする探偵社に一度相談してみると良いでしょう

 

経験や実績もあり、多数の人が利用しているため、お客様の声・口コミなどの情報も多く存在します。
そういった体験談をチェックして、自分が安心できる探偵社に相談しましょう。

 

原一探偵事務所の詳細はこちら

※割引クーポンを見逃さないようにご注意ください。

家出人が見つかったとき、警察は保護をしてくれる?

家出捜索願いを警察に出すと、警察の本部にその情報が登録されることになります。
警察は、補導や交通指導、尋問などのときに、その情報を元にして家出人を見つけ出すことがあります。

 

では、運よく自分が探していた家出人が、何らかの形で警察と接触し、見つかったとします。

家出人が見つかったときの警察の対応は?

家出人が見つかった時、警察はどのような対応をしてくれるのでしょうか?

 

家出人が未成年の場合

まず、家出をしていた未成年者が、補導などが原因で警察と接触した場合。

 

このときは、警察から保護者に連絡が入り、親元に戻ることになります

 

原因が補導や事件性があるようなものの場合は、家出捜索願いの有無に関わらず、保護者に連絡が入るので、家出捜索願いが出されなくても同じことですね。

 

そのため、家出人である子どもが見つかったときには、援助交際など犯罪の事後であったり、事件に巻き込まれてからのことだったり…ということも少なくないのです。

 

家出人が成人の場合

成人者が家出をしており、警察に何らかの形で接触した場合はどうなるのでしょうか。

 

未成年と違って保護されることも、連絡がされることもないでしょう。

 

「家族が捜しているから、連絡するように」と言われて終わりというパターンも多いようです。

 

もちろん事件性があるなど緊急性の高い場合は対応も異なりますが、自立した成人者の場合は、この程度のことしかしてもらえないと考えたほうが良いでしょう。

 

警察に捜索願を出して効果があるのか?

これらのことから、警察に捜索願を出しても確実に見つかるとは言えません。
(検問や何かの調査ついでに見つかる可能性もありますので、無駄ではありません)

 

家出人を少しでも早く積極的に探したいのであれば、人探しのプロである探偵事務所に依頼することが一番確実です。

 

原一探偵事務所であれば、家出人が見つかった後の心のケアやフォローもしてくれるため、家出を繰り返すことを防ぐようにサポートしてくれます。相談は無料なので、一度相談してみるべきです。

 

警察の「家出捜索願い」の対応は?

家族が家出をしてしまい、警察に届けるのが、「家出捜索願い」と呼ばれるものです。この家出捜索願いを警察に出したら、警察はどのような対応をしてくれるのでしょうか。

 

家出捜索願いを届けるときには、様々な項目を尋ねられることになります。
住所や氏名、生年月日といった基本的な情報から、家出の原因や動機、そして本人の人相や体格、いなくなった日の服装、車を所持しているのであれば車のナンバーなどが尋ねられます。

 

これらの情報は、コンピュータに登録され、全国の警察組織で照会できるようになります。
この情報を元に、家出人が捜索されるのかというと、一概にそういうわけにはいきません。

 

家出人情報は年間で何万件も登録されます。その1人1人を捜索できるだけでの力も時間も警察にはありません。

 

警察ができることは、補導や交通指導などで接触した相手を、登録した情報を元に照会することだけです。
つまり、たまたま家出人が車のスピード違反で捕まり、そのときにやっと家出人であるということが発覚するという程度なのです。

 

未成年者であれば、見つかった場合保護者に連絡がいくようになります。
しかし、自立した成人者の場合は、本人が拒否した場合は保護したりすることもできず、そのままとなってしまう場合も多いのです。

 

では、家出人をどうしても見つけたい家族はどうしたらいいのでしょうか。
どうしても見つけたい家出人がいるという場合は、これまでお伝えしたとおり、探偵事務所への依頼が一番です。

 

探偵事務所も強制的な保護をすることはできませんが、調査した情報は確実に家族の元に届けられます。

 

何より積極的に調査をする探偵の情報は警察の対応より満足感も高いはずです。

 

原一探偵事務所であれば、家出人捜索の経験が豊富かつ、全国対応も可能、さらに相談も見積もりも無料ですので、一度相談してみると良いでしょう。

 

原一探偵事務所の詳細はこちら

おすすめ探偵社はこちら 探偵を装った詐欺事例はこちら

捜索は着手スピードが最重要

調査を急ぐべき理由

 

上記の通り、早い段階で調査を開始することで、探偵事務所の調査成功率を高めることができます。

 

調査が難しくなる = 調査にかかる日数が多くなる = 調査料金が高くなる

 

という側面もありますので、調査依頼するのであれば、なるべく早く決断すべきです。

安い?成果保証? ニセ探偵の家出調査詐欺に要注意!

警察以外で家出調査を依頼できるとすれば探偵社・興信所くらいしかありません。
そのため、その弱みに付け込む詐欺事例もあるので注意しましょう。


〜詐欺の手口〜

家出調査 詐欺マンガ1




家出調査 詐欺マンガ2

 

家出調査ができる大手探偵社の比較

全国対応かつ安心の大手探偵事務所(興信所)の比較です。ぜひ参考にしてください。


 

原一探偵事務所
原一探偵事務所

 

行き先のあてがあるHAL探偵社
人探し相談シュミレーターがある「HAL探偵社」


もしくは
探偵社FUJIリサーチ
結婚調査も得意な「探偵社FUJIリサーチ」

 

総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜について、急ぎの調査では複数チームを組む必要があり、1日あたり20万円かかる場合もあります。
その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータルで安くなるケースもあります。


何より、早期発見=元の生活に戻りやすい、という金額で計れないメリットが大きいのです。

 

調査は急ぐべき

 

費用のこともあるので、実際に調査を依頼するかはまた別として、
今後の対応を明確にするためにもすぐに電話相談※することをおすすめします
※相談・見積りまでは無料



↓↓多少高くても、実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。↓↓

原一探偵事務所の詳細はこちら


※原一探偵社の割引クーポン↓を見逃さないようにご注意ください。

原一割引クーポン